平成25年度 第31回まつやま中学生海外派遣 アメリカ班 (7月23日〜8月2日)

 平成25年度第31回まつやま中学生海外派遣・アメリカ班の派遣生は、7月23日に松山を出発し、アメリカにある松山の姉妹都市サクラメント市や、同じくカリフォルニア州にあるロサンゼルス市を訪問しました。
 
 サクラメントはカリフォルニア州の州都です。そのため州の関連施設がたくさんあります。
この州議事堂もサクラメントを象徴する建物の一つ。ワシントンDCにある国会議事堂によく似ていますね!今年は、特別に知事の執務室(の一歩手前)まで入ることができました!


 毎年恒例のウェルカムパーティ。サクラメント滞在中にお世話になる松山・サクラメント姉妹都市協会の皆さんやホストファミリーと初めて顔を合わせます。司会や出し物など、日本で準備を重ねてきました。
 今年は全体の出し物としてソーラン節を披露しました。これが大好評◎練習したのがたったの4回とは思えないほどの出来映えでした。

 …が、それだけではありません!何と言っても会場を沸かせたのは、団長の英語落語でした。5分以上ある英語の原稿を暗記するなんて…とてもじゃないけれど私には無理です。。
   
 昨サクラメントでは、その他にもオールドサクラメントや金発掘体験、サター砦などを見学しました。サクラメントの歴史を体感することができました。


 そしてお楽しみのカリフォルニア・ステートフェア!

 実は今回はスペシャルゲストとして、以前松山でALTをしていたZさんがサクラメントの滞在中、私たちに同行してくれました。

 アトラクションに乗ったり、お昼ごはんを買ったり・・・もちろんすべて英語ですよ!!
   
 さて、今回の派遣のハイライトと言ったらやはりホームステイ!!!!!どうしてもホストファミリーに食べてもらいたいと持って行った松山銘菓や会話のネタにと準備していた写真など・・・

 このお別れのシーンを見ればお土産や写真でホームステイを充実させることができたとわかりますね★☆


 ロサンゼルスでは、あのエンデバーを間近に見たり、名門大学UCLAのキャンパスを見学。
 宇宙飛行士だったり、アメリカの大学への留学だったり、将来のことを考えることができた派遣性もいるのではないでしょうか。
 実は今回の派遣では全米日系人博物館を訪れました。その昔、日本人がアメリカに渡り、苦労して財産を築きあげた事実。そして戦争によって多くを失った事実。そういった事実があったことを、たくさんの展示物やボランティアの方の説明を通じて知ることができました。大変な時代を乗り越えて、今のアメリカと日本の関係があるのですね。
 そして最後に、アメリカで活躍するイチローのプレイを観戦。現在、イチローのようにアメリカで活躍する日本人はたくさんいます。
 今回のプログラムでは、こうした光の部分だけでなく、その裏にある影の部分を垣間見ることができました。

平成25年度第31回まつやま中学生海外派遣の他の班の派遣の様子はこちらへ ドイツ班  韓国班

韓国班の派遣生による、平澤(ピョンテク)市からの中学生受入相互交流事業の様子はこちらへ 韓国班受入

来年度実施予定のまつやま中学生海外派遣への参加を志す現中学校1・2年生の皆さんへ
 来年度実施予定のまつやま中学生海外派遣に応募したい松山市内在住の中学生は、今年度の「中学生チャレンジプロジェクト」に登録し(9月29日まで)、ポイント対象事業に参加して、年度末までに中学生派遣の応募に必要なポイント数を獲得していないと、応募資格がありません。中学生チャレンジプロジェクトに登録して、頑張ってポイントを集め、来年の派遣生を目指してください。

中学生チャレンジプロジェクトの登録方法や詳細については こちら へ
Page Top
まつやま中学生海外派遣 中学生チャレンジプロジェクト
Copyright (c) 2000- Matsuyama International Center. All rights reserved.