平成23年度 第29回まつやま中学生海外派遣 アメリカ班 (7月26日〜8月5日)

平成23年度第29回まつやま中学生海外派遣・アメリカ班の派遣生は、7月26日に松山を出発し、10泊11日の日程で、アメリカにある姉妹都市サクラメント市やサンフランシスコ市などを訪問しました。
松山市の姉妹都市であるアメリカ・サクラメント市は、カリフォルニア州の州都です。その立派な州議事堂を訪れた時に、日本では見られない騎馬警官に出くわしました。みんなで一緒に記念撮影。後ろのポリ〜スマンもノリがいいようで・・・(ピース)。
サクラメントでは、松山サクラメント姉妹都市協会の皆さんやホストファミリーの皆さんに大変お世話になりました。ウェルカムパーティーには、ホストファミリーの人たちも来ていて、交流を深めました。
ウェルカムパーティーでは、アメリカ班の派遣生が進行役(英語と日本語で!!)を務めて、ゲームやパフォーマンスなどのアトラクションを披露しました。
1800年代に、カリフォルニアに初めて入植(開拓地や植民地などに入って生活すること)した日本人の住んでいた「若松コロニー」を訪問しました。“若松”は、人の名前かと思ったら、明治維新の戦いで幕府側に付き敗れた「会津若松」(今の福島県)出身の人たちのことだと知りました。歴史を肌で感じた1日でした。
7月14日から31日の間に開催されていた「カリフォルニア・ステートフェア」を訪れました。アトラクションや展示、農業体験できる施設など様々な催しが広大なステートフェアの敷地内に集まっています。でも、何といっても楽しみなのは遊園地!この遊園地のアトラクションは、全部移動式なんですから驚きです。
8月1日にホストファミリーとお別れしてサクラメントを離れ、次なる目的の農業体験に向かいました。日本では触ったこともない黒豚ですが、おそるおそるなでてみました。ちょっとコワゴワでしたが、黒豚ちゃんはカワイかったです!
サンフランシスコから車で1時間くらいのところに、Yahooやgoogleの創始者も学んだという「スタンフォード大学」があります。キャンパスの広さは、世界第2位だとか。大学キャンパスはまるで1つの街のようで、その広大さ、スケールの大きさに圧倒されました。将来、私たち派遣生のうちの誰かが、この大学に留学・・・できればいいな。
サンフランシスコ・ジャイアンツのホーム球場「AT&Tパーク」で、サンフランシスコ・ジャイアンツとアリゾナ・ダイヤモンドバックスの試合を観戦しました。観客の熱狂的な応援で野球場全体が盛り上がり、見ている皆がとても楽しそうで、一緒にいる私たちまでワクワクしました。

平成23年度第29回まつやま中学生海外派遣の他の班の派遣の様子はこちらへ ドイツ班 韓国班

韓国班の派遣生による、平澤(ピョンテク)市からの中学生受入相互交流事業の様子はこちらへ 韓国班受入

来年度実施予定のまつやま中学生海外派遣への参加を志す現中学校1・2年生の皆さんへ
 来年度実施予定のまつやま中学生海外派遣に応募したい松山市内在住の中学生は、今年度の「中学生チャレンジプロジェクト」に登録し、ポイント対象事業に参加して、年度末までに中学生派遣の応募に必要なポイント数を獲得していないと、応募資格がありません。中学生チャレンジプロジェクトに登録して、頑張ってポイントを集め、来年の派遣生を目指してください。

中学生チャレンジプロジェクトの登録方法や詳細については こちら へ
Page Top
まつやま中学生海外派遣 中学生チャレンジプロジェクト
Copyright (c) 2000- Matsuyama International Center. All rights reserved.