ジュニア国際交流サロン
(H24中学生チャレンジプロジェクト ポイント対象事業)
カナダ編 自然だけじゃナイヤガラ (6月10日)

 カナダ出身で松山にお住まいのケネス・パーカーさん一家を招き、午前中は中学生を対象に、午後は一般の方を対象に“ダブルヘッダー”で、留学・旅行先としてとても人気の高い国「カナダ」について紹介してもらいました。ご一家を通して、知っているようで知らなかったカナダの姿を知ることができ、また、カナダの歌の披露や娘さんのダンスなどもとても楽しむことができました。

今日、6月10日はMIC Canada Day★午前中は、中学生を対象にカナダサロンを開催しました。中学生の皆さんは、松山にどのくらい外国人が住んでいるか知っていますか?
今日は、その中の1人、カナダ出身のケネス・パーカーさんとそのご一家が、知っているようで知らない国「カナダ」の本当の姿を紹介してくれました。
「カナダ」から思い浮かぶものはいろいろありますが、代表的なのが「ナイヤガラの滝」。カナダの豊かな自然についてばかりでなく、カナダでのポピュラーなスポーツや、芸術などについても、いろいろと教えてくれました。
サロンの中では、ご一家によるアカペラのプチ・コンサートもありました。カナダ人は誰もが知っているフォークソングを、ご一家で一緒に歌って披露してくれました。
かわいい娘さんも照れながらソロ・パートを一人で一生懸命歌ってくれました。彼女のかわいらしい歌声に、参加者の中学生たちも魅入られてしまっていたようです。
コーヒーブレイク(休憩中)には、パーカー夫人が手作りのクッキー“ S'more ”をみんなに振舞ってくれました。このクッキーは、おいしすぎてついつい「 Some more(もっとちょうだい)」と言ってしまうことから“ S'more ”と呼ばれるようになったそうです。
サロンの締めは、娘さんによる“ハイランドダンス”。そのかわいらしいダンスを見た中学生たちは、つぎつぎと娘さんのファンになってしまったらしいですよ!!

今回のジュニア国際交流サロン(カナダ編) 〜自然だけじゃナイヤガラ〜 は
中学生チャレンジプロジェクトのポイント対象事業として開催しました。

中学生チャレンジプロジェクトの詳細については こちら をご覧ください。
Page Top
トップページ 中学生チャレンジプロジェクト
Copyright (c) 2000- Matsuyama International Center. All rights reserved.