第28回まつやま中学生海外派遣・第4回平澤市への中学生研究派遣事業
合同報告会 (2010年8月21日)

 今夏、松山市の姉妹・友好都市(アメリカ・サクラメント市、ドイツ・フライブルク市、韓国・平澤<ピョンテク>市)へ派遣した中学生たちによる、派遣事業の合同報告会をコムズ5階、大会議室で行いました。来賓や中学生の保護者に交じり、来年の中学生派遣を志す生徒さんが、熱心に報告を聞いていました。

韓国・平澤市に派遣された中島中学校の生徒からは、「習慣・行事の違い」について調べた研究結果の発表がありました。韓国は日本に近い国ですが、2国の習慣は、大きく異なるものが多かったです。 韓国・平澤市に派遣された松山東雲中学校の生徒は、「流行の違いと共通点」について調べた内容を発表しました。韓国の中学生も日本と同じように、ファッションに多大な興味を持っていることが分かりました。 アメリカ・サクラメント市に派遣された生徒からは、アメリカの文化や習慣の違い、ホームステイでの体験などについて発表がありました。日本とは全く違うスケールの大きさに圧倒されていたようです。 ドイツ・フライブルク市に派遣された生徒からは、ヨーロッパの文化や風習、ホームステイや学校交流などについて発表がありました。歴史と文化を重んじる風土や、陸で外国と繋がり簡単に行き来できることなどに、日本と似ているところ、違うところを体験してきました。


(財)松山国際交流協会 過去の事業紹介 に戻る