地球人まつり in まつやま 2011
(2011年1月16日)

 今年で第14回目となる、市“上”最大の国際交流イベント「地球人まつり in まつやま 2011」を、松山市総合コミュニティセンター企画展示ホールにて開催しました。多くの方が身近な「海外」である地球人まつりの会場を訪れ、普段はあまり触れる機会の無い海外の文化を感じたり、在住外国籍市民の方との交流を通して楽しい“非日常”の時間を過ごしました。

地球人まつり開催日だけは、この会場が「外国」になります。会場を訪れる来場者の方は入場の際、日本からの出国スタンプを「地球人パスポート」に押してもらいます。訪れた各国ブースでも同じくスタンプを押してもらいます。 まずは、出身国の大使役を務める在住外国籍市民の方と、各国ブースのお手伝いをされる大使館員役のボランティアスタッフの方々による国別入場行進です。これはオーストラリアブースの方々による入場行進です。とても陽気で明るい方たちでした。 今回初参加の「リトアニア」ブースの皆さん。バルト3国のうちの1国であるリトアニアは、第二次世界大戦時にソビエト連邦に併合されましたが、1990年に独立を回復した国です。今回は、この「リトアニア」を含め6つの国・地域が初めて参加しました。 こちらも今回初参加の「モンテネグロ」ブースの皆さん。旧ユーゴスラビアの一員だったモンテネグロは、2006年の国民投票でセルビアからの分離独立を選びました。みなさん、モンテネグロがどこにある国か知っていましたか?
地球人まつり会場には、世界各国のめずらしい料理を即売するブースも出展。各国料理のおいしそうなにおいが会場に充満!!写真の中国をはじめ、エジプト、インド、ペルー、ネパール、フィリピン、インドネシアの料理がふるまわれました。 地球人まつり会場の中心に設けたステージで、各国の皆さんがパフォーマンスを披露しました。これは、インドネシアの方々による民族舞踊のパフォーマンスです。色鮮やかな衣装を着て踊る姿は、とても美しかったです。 愛媛大学の学生で組織するSICUの皆さんによる「フェア・トレード」ファッションショーです。まだまだ知られていない「フェア・トレード」について、来場者の方にファッションショーを通して、フェア・トレードの紹介をしました。 ステージパフォーマンスの最後は、「パレスチナ」出身の方による伝統舞踊の披露です。周りにいる人たちも、彼らの踊りの輪にどんどん参加し、みんなの輪が大きく広がって行きました。
パレスチナ舞踊の輪が会場全体に広がり、最後には大勢の方が手をつないで輪を作り、楽しく踊りました。心と心が通じ合うこの会場では、国籍・人種・宗教・思想は関係ありません。だって、みんな「地球人」ですから!! 今年の地球人まつり当日は、とても寒い日だったにもかかわらず、老若男女・国籍問わず大勢の方々が「入国」して下さいました。あなたにとって、どの国が一番印象的でしたか? 世界一周の旅を終えたら、我が家のある日本に帰国です。各ブースを回り終えた方には、再入国カウンターで入国スタンプを「地球人パスポート」に押してもらいます。今日、あなたは、幾つスタンプを押してもらいましたか?どの国が一番楽しかったですか? 地球人まつりもいよいよフィナーレです。最後に全員で記念撮影。皆様お疲れさまでした。来年の地球人まつりでまたお会いしましょう。会場内ではそれぞれの言葉で別れのあいさつが飛び交います。さようなら! バイバイ! チャオ! ア・ビアント! チュ〜ス! ツァイツェン! ワッサラーム・アライコム! ナマステ! シンチャオ! ドヴィジェニア! パアラム!


(財)松山国際交流協会 過去の事業紹介(2010年度)に 戻る 

トップページに戻る

Back to Front page (EN)