国際交流サロン「なるほど! そうだったのねパール」(2010年10月31日)

 ネパール出身で松山在住のかたがたの協力を得て、一般市民の方々を対象に、もっとよくネパールについて知ってもらうために国際交流サロン「なるほど! そうだったのねパール」を開催しました。

これは、ネパールの“Paras”というランプです。参加者の方を前に、実際に火をつけてみました。ネパールで、普通に使われているものだそうです。 次に、ネパールの方々に実際に民族衣装を着て頂き、参加者の皆さんを前にしてファッションショーを行いました。色鮮やかで独特なデザインの民族衣装に注目が集まっていました。 ネパールから来ている留学生の方たちが、民族舞踊を披露しました。初めて見るリズムとダンスに、会場全体は熱気に包まれました。 ネパールご当地クイズと題し、参加者にネパールに関する問題を出題しました。正解者には、豪華!?景品が進呈されるとのことで、盛り上がりました。正解された方には何が当たったのでしょうか?
ネパールの民芸品の展示コーナーでは、普段はあまり触れる事の無い珍しい品々を、皆さんが興味深く見ていました。 次に、ネパールのドーナッツ&チャイの試食をしました。ネパールの方々が準備してくださった「本物」のドーナッツ&チャイのお味はいかがでしたか? 参加者の方々は、ドーナッツ&チャイを味わいつつ、思い思いに歓談しました。皆さん、今日の講座は楽しく、有意義なものだったでしょうか? 最後に、参加者とネパールの皆さんとで一緒に記念撮影。皆さん、心に残る一日になりましたでしょうか。何はともあれお疲れさまでした。


(財)松山国際交流協会 過去の事業紹介 に戻る