リーム・アフマドさんと和気小学校3年生の交流授業 (2011年2月9日)


 テレビのアラビア語講座でネイティブスピーカーとして出演されていた、エジプト出身のリーム・アフマドさん(エジプト・カイロ大学文学部日本語学科卒、東大研究生を経て、現上智大学大学院生)が、松山に来られました。この機会に、彼女が松山市立和気小学校を訪れ、同校の3年生を対象に交流授業を行い、エジプトについて紹介しました。

最初はエジプトに関するクイズからです。小学生には難しい!?問題もありましたが、みんな元気いっぱいに答えてくれました。 クイズに正解し続け、最後に残った女の子には、リームさんからエジプトグッズのサプライズ・プレゼント!!いったいどんなプレゼントをもらったのでしょう? リームさんは、日本に来られて約3年ほどですが、とても日本語が上手で、小学生に日本語で、エジプトについてたくさんの事を教えてくれました。 楽しい時間はあっという間に過ぎ、授業が終わる時間になりました。最後は、アラビア語で、別れのあいさつを教えてもらいました。みんな、アラビア語で、リームさんにお別れの挨拶が出来たかな?


リームさんの「教えて!エジプト」 (2011年2月12日)

 リーム・アフマドさんは、今回の愛媛県滞在中、忙しいスケジュールの合間を縫って、「教えて!エジプト」の講師として、中学生チャレンジプロジェクトに登録している中学生を対象に、松山ではまだなじみの薄い「エジプト」について分かりやすく丁寧に教えてくれました。

まずはじめに、リームさんが中学生にエジプトに関するいろいろなクイズを出しました。既に知っている簡単なもの、とても難しくて、勘で答えるしかないものなど、いろいろなクイズがありました。皆さんは、全部でいくつ分かりましたか? クイズには、例えば、「エジプトの国教は?」「エジプト人の主食は?」「エジプトでの、すいか1個の値段は?」「エジプトで一番大きいお祭りは?」「アラビア語を使っている国は、世界に何カ国あるか?」など、多岐に渡っていました。皆さん、リームさんとのクイズは楽しかったですか? クイズで正解し続けて、一番最後まで一人だけ残った男子には、リームさんからエジプト・グッズのプレゼントが渡されました!!良かったですね。彼はどんなプレゼントをもらったのでしょう? クイズの次に、リームさんは、エジプトに関して詳しく、分かりやすく日本語で説明をしてくれました。リームさんの丁寧で詳しい、そして時にはおやじギャグを交えた、ユーモアあふれたお話で、これまで遠くて見知らぬ国だった「エジプト」の事を、皆さんは身近に感じることが出来ましたか?
日本からは遠い国だと思っていた「エジプト」ですが、日本は過去にエジプトから、沢山の影響を受けていたこと教えてもらいました。例えば、神社にある狛犬は、スフィンクスの影響を受けていることや、日本で襖や屏風などに使われている「金箔」の技術は、元をたどればエジプトから世界に広まり、日本にはシルクロードを通って中国経由で伝わったそうです。 彼女は、現在のエジプトには、日本の文化に興味を持ち、影響を受けている親日派の人たちが増えつつあることや、彼女のように日本語を学びたいと希望する人たちが増えていることを教えてくれました。彼女の様な人がどんどん増えて、日本とエジプトの友好関係がますます発展すればとても素晴らしいことですよね。 最後に彼女は、中学生からのいろいろな質問に、優しく日本語で答えてくれました。彼女は日本に来てからまだ約3年ほどだそうですが、「おやじギャグ」を使いこなすくらい、とても日本語が上手で、中学生に対し、ずっと日本語でお話してくれました。彼女を見習って我々も、語学だけでなく何事にも一生懸命に、そして積極的に取り組み、そして自分のものにしたいものです。 別の日に、リームさんが、MICに来られた際、コムズ1階ロビーに設けてある「インターナショナル・ピースボード」に、平和へのメッセージを書いてくれました。国や宗教、信条は違っても、世界平和を願う気持ちはみんな一緒です。エジプトは今、混乱状態ですが、早く平穏な日々に戻るといいですね。


(財)松山国際交流協会 過去の事業紹介 に戻る