日本語 de 話そう (第1回) (2010年6月13日)

 松山市在住の外国籍市民の方で、日本語を学んでいる方を対象に、学んだ日本語を実際に使う機会を提供し、日本語能力の向上に役立ててもらうために「日本語 de 話そう」を開催しました。当日は、「日常生活オタスケマン」に登録してくださっている有志の方に協力して頂き、「日本人」と「日本語」でコミュニケートしてもらい、日本語だけでなく、日本の文化や習慣についても学んでもらいました。

参加した外国籍の方は、自分が選択したテーマについて、「日本語」で説明し、それに対してみんなでディスカッションをしました。この人は「日本の文化」を選び説明されました。 このグループは、世界地図を広げ、出身国と日本との違いをテーマに、日本語でディスカッションしていました。 中には予想以上に話が盛り上がり、予定時間終了後も議論が続くグループもありました。日本人は議論が苦手ですが、外国籍の方の自己の意見を積極的に主張するところは見習いたいものです。 松山市内に在住の、日本語を学ぶ留学生を中心に多くの人が「日本語 de 話そう」に参加してくれました。MICでは、今後もこのような機会を外国籍の方に提供していく予定です。


(財)松山国際交流協会 過去の事業紹介 に戻る