松山秋まつり 神輿体験 銀天街神輿パレード参加 (2010年10月6日)

 松山秋まつりの際、銀天街第一商店街振興組合さんのご厚意で、松山市在住の外国籍市民の方々が、銀天街神輿パレードに参加し、日本の秋まつりに欠かせない伝統の一つである「おみこし」を体験しました。

松山秋まつりの中日である10月6日に、銀天街第一商店街振興組合さんのご厚意で、松山市在住の外国籍市民が、日本の伝統である「おみこし」を体験しました。 番町小学校での顔合わせには、銀天街周辺のおみこしが集結しました。また、宇和島から「牛鬼」が特別に参加していました。参加した「牛鬼」は小さな牛鬼だそうですが、それでも大きく、本物の「牛鬼」の迫力に圧倒されました! おみこしは、番町小学校を出発し、銀天街周辺を練り歩きました。途中、おみこしの上に乗せてもらって、スリリングで楽しいひと時を過ごしました。 最後に、パレードの一段は、大街道・銀天街商店街を練り歩きました。神輿だけでなく、牛鬼も担がせてもらって、普段出来ない経験をして、とても楽しい時間を過ごしました。銀天街第一商店街振興組合の皆様、大変ありがとうございました。


(財)松山国際交流協会 過去の事業紹介 に戻る