まつやま中学生海外派遣事業への応募方法が変わりました!
前年度に「中学生チャレンジプロジェクト」へ登録し、ポイントを獲得しなければなりません!!

  国際的な視野を持った人材を育てることを目的に実施している「まつやま中学生海外派遣」の応募資格が、2011年(平成23年度)に募集するまつやま中学生海外派遣から変わりました。

☆まつやま中学生海外派遣事業に応募する際の変更点

その1. まつやま中学生海外派遣事業へ応募する際は、前年度に「中学生チャレンジプロジェクト」に登録した上でポイント対象事業に参加し、応募するために必要なポイントを持っていないと応募資格がありません。

その2. 応募の際に、@韓国・平澤(ピョンテク)市Aアメリカ・サクラメント市Bドイツ・フライブルク市の中から、自分の行きたい派遣先を選んで応募します。

 従って、平成23年度以降、まつやま中学生海外派遣事業に応募するためには、前年度(平成22年度)中に「中学生チャレンジプロジェクト」に登録し、ポイント対象事業に参加して、応募の際に必要なポイント数を得ていなければなりません。

☆中学生チャレンジプロジェクトへ登録出来る人

1. 松山市内の中学校に通う中学1・2年生
2. 広く世界の国々に興味があり、松山での国際交流活動に自分も参加する意欲のある人

<中学生チャレンジプロジェクトの登録から、海外派遣事業への応募〜海外派遣〜派遣後の流れ>

1.チャレンジプロジェクト登録
まつやま国際交流センターで、「中学生チャレンジプロジェクト」の説明を受けて、プロジェクト用のパスポートをもらい、メールで登録手続きを済ませる。
2.ポイント対象事業へ
参加申込

MICメールニュースで、「中学生チャレンジプロジェクト」対象事業のお知らせを受け、参加を希望する事業へ申込をする。
※MICメールニュースのデータ量が多いので、パソコンのメールアドレスの登録をお勧めします。
3.国際交流活動に参加
「中学生チャレンジプロジェクト」のポイント対象となっている、松山での国際交流活動に参加し、積極的に活動する。(※参加する事業により、獲得するポイントが異なります。)
4.登録した年度末までに
中学生海外派遣の応募に
必要なポイントを獲得
(同じ年度の3月末まで)

まつやま中学生海外派遣事業への応募資格を得るための必要ポイント(※平成23年度に応募する場合は、最低4ポイント必要です)を、チャレンジプロジェクト登録した年の年度末までに獲得しておかなければ、派遣事業に応募できません。
5.まつやま中学生派遣事業に応募
(翌年度の4月)
毎年4月中旬頃、中学校を通じて募集を行っています。応募に関する詳しい内容につきましては、中学校から配られる募集案内をご覧ください。
※応募する場合は、中学校を通して必要書類等を提出してください。直接応募することは出来ません。
6.派遣生選考の審査
(5月)
応募された中学生の中から、韓国・アメリカ・ドイツに派遣する各班の派遣生をそれぞれ選考します。
7.事前研修
(6月〜7月)
派遣生に選ばれた中学生には、派遣に当たっての心構えや、必要な知識を習得してもらうために、事前研修に必ず参加してもらいます。内容や日程については、まつやま中学生海外派遣の募集の際に学校を通じて案内します。
8.派遣
(7月下旬〜8月上旬)
松山市の姉妹都市である、アメリカ・サクラメント市、ドイツ・フライブルク市と松山市の友好都市である韓国・平澤(ピョンテク)市にそれぞれ派遣されます。
9.派遣事業の報告会
(8月中旬〜下旬)

派遣からの帰国後、派遣先で体験したことを報告会で発表してもらいます。また、家庭や学校、地域でも、出来るだけ多くの人に自分の体験を伝え、国際交流について知ってもらうように努めてください。
10.国際交流活動への参加
(9月〜)
派遣の経験を生かし、松山で行われる国際交流活動に積極的に参加して、多くの人に対し国際交流について理解を深めてもらえるよう努力する。


「中学生チャレンジプロジェクト」のポイント対象事業についての説明はこちらへ