薪能観覧 (5月9日)

 昨年に引き続き松山市文化協会のご厚意により、在住外国人に対し二の丸で開催された日本の伝統文化の一つである「薪能」を観覧する機会を、まつやま国際交流センターを通じて提供してくださいました。今年も日本文化に興味・関心を持つ外国人が、一般の方と一緒に「薪能」を観覧しました。
今年の二の丸薪能では「半蔀(はんして)」が演じられました。5月に入り、日中は夏のような暑い日になってきましたが、木々に囲まれた二ノ丸史跡庭園はひんやりとして、幻想的な雰囲気に包まれていました。
「半蔀」は、源氏物語の夕顔を題材にした演題です。夕顔の亡霊がたたずむ姿は哀愁が漂っており、なんとも言えない心持になりました。
今日の演題である「半蔀(はんして)」では、シテは女性の役だったので、今日の薪能では、女性ならではの優雅な舞を堪能することができました。
今回の「薪能」は、松山在住の外国人市民18人が観覧されました。中には、着物を着て観覧に来た外国人もいて、思いがけず「日本」を感じることができました。

まつやま国際交流センターでは、外国人市民と地域・各団体との交流をサポートしております。
松山市内の地域グループや団体等で、外国人との交流や地域活動や日本の伝統文化の参加・体験の機会を
ボランティアでご協力・ご提供いただける方は、まつやま国際交流センターまでご連絡ください。

まつやま国際交流センター(MIC) TEL: (089)-943-2025 Eメール
開館日時:午前9時〜午後5時30分 火曜〜日曜
月曜休館(ただし月曜が祝祭日の場合は開館し、翌日以降直近の平日に休館)
Page Top
2012年度(平成24年度)開催済事業一覧 地域交流サポート
Copyright(c) 2010- Matsuyama international Center. All rights reserved.