ドイツ・フライブルク市青少年の受入交流 (10月22日〜10月27日)

 松山市の姉妹都市であるドイツ・フライブルク市の青少年が、10月22日から10月27日まで松山市を訪れ、日本文化の体験や中学校訪問、ホームステイ等を通じて松山市の青少年と交流を深めました。
   
●10月22日●
<スケジュール>
松山空港到着 ⇒ 表敬訪問 ⇒ くるりん&銀天街散策 

松山市長表敬訪問。テレビカメラの取材も入る中、生徒の一人は日本語であいさつしました!

高島屋でくるりんに乗って、北海道展を散策しました。カニが気になった様子です。

  
●10月23日●
<スケジュール>
防災センター ⇒ 道後温泉でゆかた着付け体験とお茶を楽しむ ⇒ 寿司調理体験 ⇒ サッカー交流

勢揃いをしたイケメンと美女に着付けをしていただいた方々も力が入りました。その後、ゆかたでお茶をいただきましたよ。
  

  
●10月24日●
<スケジュール>
松山城 ⇒ 垣生中学校訪問

台風接近にともない雨が断続的に降る中の松山城を見学し、甲冑体験もしました。

垣生中では授業見学、給食、交流会、部活動と訪問プログラムに組まれており、有意義な時間を過ごしましたよ。
  
●10月25日●
<スケジュール> 
しまなみ海道ツアー
 
 台風再接近日につき海は大荒れでは?という危惧も朝から吹っ飛ぶニュースが!普通に観潮船を出します!ということでいざ、しまなみ海道へ!

 台風の影響でなんとこの日は最速の潮流でたくさんの渦がすごい速さで巻いていました。台風効果に生徒は大喜び。
 その後は海の幸に舌鼓。お腹が満たされた後は村上水軍博物館へ行き、武士と姫に変身。
 独武士の戦いシーンがサマになっていますね。
   
●10月26日●
  
  ホームステイ中の写真です。

 

Page Top
トップページ 2013年度(平成25年度)開催済事業
Copyright (c) 2000- Matsuyama International Center. All rights reserved.