地球人まつり in まつやま2012
各国グループ事前準備ミーティング (12月3日~1月14日)


 今年も“市”上最大の国際交流イベント「地球人まつり」の時期がやってきました。地球人まつり2012には、過去最高の22ヶ国の在住外国籍市民の方たちが、ご自分の出身国を紹介するブースを出展されました。12月3日に、ボランティアスタッフを希望する方に対して説明会を開催し、以降地球人まつり開催日までの間、在住外国籍市民の方たちと一般市民の方によるボランティアスタッフの方たちが一緒になって、それぞれの国のブース内容の企画・準備のお手伝い、また開催当日のブース運営をサポートして下さいました。

これは、インドネシア班の準備の様子です。松山には、インドネシア出身の方が多く住んでいらっしゃいます。コミュニティの活動も活発で、多くの方が地球人まつり「インドネシア班」に参加され、ご自分の故郷「インドネシア」のPR紹介のために、工夫を凝らした展示物や掲示物を作成されていました。
今年のボランティアには、23年夏に中学生海外派遣団員として松山市の姉妹・友好都市を訪れた中学生や、平成24年度の中学生海外派遣を志す「中学生チャレンジプロジェクト」登録者の中学生たちが沢山参加して、各国ブースのお手伝いをしてくれました。中学生の皆さんには、姉妹・友好都市以外にも、多くの国があることを改めて感じ、地域に住む外国人とたくさん触れ合うことで、隣人として理解を深め、国際性豊かな人材に育って欲しいと願っています。
「モンテネグロ」と聞いて、皆さんはどこにある国か分かりますか?昨年に引き続き、地球人まつりに参加されたモンテネグロ班の皆さんは、昨年もボランティアされたメンバーもいて、チームワークは抜群!!市民の皆さんに「モンテネグロ」を上手に紹介するために、知恵を絞って準備をされていました。
ここは「ペルー」班です。机上の「リャマ」がいい雰囲気をかもし出しています。在住外国人の方がお持ちの民族衣装や伝統工芸品などを持ち寄ったりなど、自分の国をいかに上手に印象的に紹介するか、それぞれの班が、競い合うように準備していたのが印象的でした。中にはゴルフコースを作ったり、プレゼンテーションやクイズを作ったりと、準備段階から各国それぞれの特色が出て非常に個性的だった、地球人まつりinまつやま2012でした。

一般市民の方たちによるボランティアスタッフのサポートのおかげで、今年の地球人まつり in
まつやま2012は大盛況のうちに無事開催することが出来ました。企画・準備段階から、
当日のブース運営までご協力くださったボランティアスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

地球人まつり in まつやま2012開催当日の様子は こちら をご覧下さい。
Page Top
トップページ 地球人まつりinまつやま2012へ
Copyright (c) 2000- Matsuyama International Center. All rights reserved.