地球人まつり in まつやま2012 (1月15日)


 今年も“市”上最大の国際交流イベント「地球人まつり」の時期がやってきました。地球人まつり2012には、過去最高「22ヶ国」の在住外国籍市民の方たちが、ご自分の出身国を紹介するブースを出展されました。また、隠れたファンの多いフードブースには「9ヶ国」出展して頂き、また他にも、「独立行政法人国際協力機構(JICA)四国支部愛媛デスク」の方によるPRブース、まつやま中学生海外派遣団員OB・OGのグループ「キャメリアファミリー」によるチャリティバザーブースも出展し、多数の来場者で大変賑わいました。

当日朝の会場です。これから午後1時の開場までの間、それぞれの国のブースの展示準備が始まります。早い国の班は朝9時に集合して、準備を始められていました。皆さん、どのようなブースが出来上がるのか、午後の本番が待ち遠しいですね。
午前中、各ブースの出展準備を横目に、午後の「地球人パフォーマンス」に出演される方々のリハーサルを平行して行います。皆さん、多忙なので時間が無く、やっと当日の午前中に全員揃うことが出来ました。全てを直前にアレンジし、本番を成功させる外国の方のバイタリティにはただ感心するばかりです。練習ばかり多くて本番に弱い日本人は、外国人の皆さんの「一発の強さ」を見習い、もっと海外で活躍できるようになりたいですね。
    
舞台でのリハーサルをよそに、各国紹介のブースでは、外国人やボランティアスタッフの手で、紹介内容の展示や飾り付けの準備が進んでいきます。それぞれのお国柄があふれる、華やかなブースが徐々に出来てきました。まもなく、「地球人まつり in まつやま2012」の開場です。
いよいよ「地球人まつり in まつやま2012」が始まりました。ブースを出展する各国のグループが、順番に会場内に入場行進。写真は、今回初参加の「ジャマイカ」。皆さんお揃いの、ジャマイカのナショナルカラーであるイエローのTシャツを着ての入場は、ひときわ目立つ存在でした。
そして、こちらも今回初参加の「スコットランド」。伝統衣装のタータンのキルトを身にまとい参加してくれました。イギリス北部に位置するスコットランドは、今はイギリスの一地方ですが、その昔、王様が治める独立した王国でした。バグパイプも有名ですよね。怪獣ネッシーのいる?「ネス湖」があるのも、スコットランドです。
開場直後から、多くの方が来場し、会場内は大賑わい。「80分間世界一周」コーナーでは、用意した地球人パスポートの数が足らず、急遽昨年の余り分を引っ張り出してお渡しする羽目に・・・
「フードコーナー」には、今回9カ国の方がブースを出展し、それぞれの「お国自慢」料理を振舞ってくれました。写真はネパールのカレーです。写真では、おいしそうな匂いをお伝えできないのがとても残念です。他の国のフードブースも、特色ある美味しい料理を堪能できました。食べ逃した方は、ぜひ来年挑戦して下さいね。
各国のフードコーナーには、それぞれ熱烈なファンの方も多く、2時に販売開始してすぐに、各ブースに長い行列ができました。外国人が料理した本物の味を堪能し、美味しさに大満足!!おいしさにほころんだ笑顔があちこちで見られました。
「民族衣装体験コーナー」も大盛況!!色とりどりのチャイナドレスを身に纏った女性たちは、とても華やかでした。他にも、ハンボク(チマチョゴリ)やアオザイ、ポンチョなど世界中の民族衣装を試着できます。外国人には、やはり日本の着物試着が人気でした。まだの方は、次回にぜひ試着して下さいね。
ステージ上では、外国人の方々が、「地球人パフォーマンス」でご自分の国の伝統文化や踊り、歌などを紹介してくれました。写真は、座ったままで踊るマレーシア舞踊「Dikir Barat」の様子です。
「地球人まつり in まつやま2012」も大詰め、ステージ上ではインドネシアの方々と来場者が一緒に、「ポチョポチョ」ダンスを踊りました。この「ポチョポチョ」、今、インドネシアでポピュラーなダンスだそうです。軽快なリズムに合わせて、皆さん楽しそうに踊っていました。まさに、「みんな、地球人」ですね。
毎年恒例、終了してからの、ブースを出展した在住外国籍市民とボランティアスタッフによる記念撮影です。今回、各国紹介ブース、フードブースを出展した在住外国籍市民と、各ブースのボランティアスタッフ登録者は合計約350人。第15回目の「地球人まつり in まつやま」は、皆様のおかげで大変大きなイベントに成長しました。


MICスタッフのつぶやき・・・

さぁ、今年も始まりました“80分間世界一周”!!あっという間に会場は超満員!「人が一杯で、ゆっくり回れなかった」という方、ごめんなさ~い。。。
By MICスタッフ A
今回の目玉のひとつに、カントリーブース(各国紹介ブース)に現れた3Dグッズがあります。その中でも目を引いたのが、ペルー班のマスコットとして登場した等身大に近いサイズのリャマ!世界に350万頭、主にアンデス地方に生育するらくだの仲間、荷物運びや土を耕すお仕事をするそうです。毛は服、肉は食用になるんだとか。
By MICスタッフ B
ジャマイカ・シンガポール・スイス・スコットランド・モロッコは今年初参加。なかなか他ではお目にかかれない国・地域の文化や情報を生で体験できました!ラスターヘアーのジャマイカブース、ドリアンケーキのシンガポールブース、ミニゴルフのスコットランドブース・・・どこも工夫を凝らしていて大盛況でした。既に来年の構想もできた班もあったようで・・・今年は逃してしまった方は是非!!
By MICスタッフ C
地球人まつりでは、本当にたくさんの方に遊びに来ていただき、ありがとうございました!各国の料理屋各ブースでの出し物など、みなさん楽しんでいただけましたか?!私も各ブースを周って世界一周を体験したかったのですが、その中でも試してみたかったのが、こちらのインドのヘナタトゥー。当日は物凄い人気で行列ができるほどでしたが、インドでは花嫁は手足にヘナタトゥを施し、濃い色が出るほど幸せになれるんだとか。。
まだ終わったばかりですが、みなさん来年の地球人まつりにも大いにご期待下さい!
By MICスタッフ D
今回の「地球人まつり」は、中学生海外派遣生OB・OGの中学生や高校生が、たくさんボランティアスタッフとして参加し、カントリーブース(各国紹介ブース)の企画・準備・運営を手伝ってくれました。おかげさまで、今回の来場者数は約1300人!!「地球人まつり」は、15回の歴史を経て大きなイベントに成長しました。謝謝!!
By MICスタッフ E

一般市民の有志によるボランティアスタッフさんのサポートにより、今年の地球人まつり in
まつやま2012は、大盛況のうちに無事開催することが出来ました。企画・準備段階から、
当日のブース運営までご協力くださったボランティアスタッフの皆様、本当にありがとうございました。
今回来場してくれた方も、まだ来たことが無い方も、次回の「地球人まつり in まつやま2013」
(2013年1月開催予定)へのご来場を、MICスタッフ一同心よりお待ちしております。

Page Top
トップページ 地球人まつりinまつやま・えひめ2013
Copyright (c) 2000- Matsuyama International Center. All rights reserved.