愛媛FCと外国人チームのサッカー交流 (6月15日)

 松山市のプロサッカーチームであり、J2所属の愛媛FCのクラブハウス「愛フィールド梅津寺」において、愛媛FCのコーチ・スタッフと、在住外国人がサッカーを通じて交流しました。
 これは、愛媛FCから、地域貢献の一環として外国人との交流のお申し出をいただいたもので、在住外国人で結成された「FC Himata Spartans」チームを招いて、混合紅白戦を実施しました。
当日はあいにくの雨になりましたが、FC樋叉スパルタンズの選手が集まってきました。まだ愛媛FCユースの選手が練習しているので、グラウンドが空くまでの間は、グラウンド外で待機。試合に向け、徐々に気持ちが高まります。
試合前の練習が終わりました。大勢の外国人に気づいた愛媛FCユースの選手たちが、不思議そうに近づいてきます。彼らは積極的なスポーツマン。物おじすることなく、知っている単語を並べて果敢に英語で話しかけコミュニケーション!!「(Where do you)come from?」。外国人が日本語で返すと「日本語しゃべったぁ〜」と大騒ぎ!!
親善試合前の自己紹介。愛媛FCからは、元プロ選手を含むコーチ・スタッフが6人。一方のスパルタンズは18人。出身は、イングランド・スコットランド・フランス・トルコ・アメリカ・イエメン・マレーシアetcとワールドカップのような顔ぶれ!スパルタンズの紅一点の女性はマネージャーさんかな?と思っていたら、プレイヤー(ミッドフィールダー)!彼女が一番元気にフィールドを駆け回っていました。
試合開始の笛を前に問題発生!やる気満々の両チームの選手計24人全員が最初からピッチに立ちたいと、ベンチスタートを拒否!12人vs12人の特別ルールで試合開始。親善試合ならではの光景でした。
外国人チーム「FC樋叉スパルタンズ」のFWは、身長190cm以上の大型選手!!ゴール前の混戦では、想像以上の迫力。空中戦に強い、強力な切り札でした。
20分ハーフの2セットの予定が、外国人チームのリクエストにより、3セットすることになりました。外国人はこのようなきれいで素晴らしいフィールドでプレイしたのは初めてだと大感激!ご協力いただいた愛媛FCの皆さん、本当にありがとうございました。

まつやま国際交流センターでは、外国人市民と地域・各団体との交流をサポートしております。
松山市内の地域グループや団体等で、外国人との交流や地域活動、日本の伝統文化の参加・体験の機会を
ボランティアでご協力・ご提供いただける方は、まつやま国際交流センターまでご連絡ください。

まつやま国際交流センター(MIC) TEL: (089)-943-2025 Eメール
開館日時:午前9時〜午後5時30分 火曜〜日曜
月曜休館(ただし月曜が祝祭日の場合は開館し、翌日以降直近の平日に休館)
Page Top
2012年度(平成24年度)開催済事業一覧 外国人の地域交流サポート
Copyright(c) 2010- Matsuyama international Center. All rights reserved.