世界で暮らす日本人(ジャズハープ編) (11月3日)

(H24中学生チャレンジプロジェクト ポイント対象事業)

 中学生チャレンジプロジェクトポイント対象事業として、海外に住み活躍している日本人をゲストに招いて「世界で暮らす日本人」と題し、ジュニア国際交流サロンを開催しました。今回のゲストは、松山市出身で、姉妹都市・サクラメントを拠点に活躍されている古佐小基史さんを招き、海外での仕事や生活面でのさまざまな体験談や、ハープの演奏を聞きました。


     

 松山市の姉妹都市、アメリカ・サクラメント市を拠点に、世界中で活躍されている古佐小基史さんは異色の経歴をお持ちの方です。まだ日本にいた頃の話や、アメリカに移住してからの話。これまでピアノやギターなどを演奏してきて、最終的にハーピストになったこと。実は東大卒だったことなど、いろいろなお話をして下さいました。
 また、本物のハープを持ってこられ、中学生たちを前に、実際にハープを演奏してくれました。ハープのことを知っていても実際に目の前で見たり、ましてや生の音色を聴くのは初めてという中学生がほとんどで、その透き通った音色に引き込まれていました。
 ハープの演奏と、自身の自身のさまざまな体験を織り交ぜながら楽しい話をしてくださり、参加した中学生たちにとって、違った角度から世界や音楽を見つめることのできた貴重な時間でした。


中学生チャレンジプロジェクトの詳細については こちら をご覧ください。
Page Top
トップページ 平成24年度開催済事業一覧
Copyright (c) 2000- Matsuyama International Center. All rights reserved.