第4回 のぞいてみよう! 国際協力の世界 (11月23日)
中学生チャレンジプロジェクトポイント対象事業
ブエナス タルデス! メジャモ ○○○ ・・・「訳:こんにちは! 私の名前は ○○○ です。青年海外協力隊員として、ドミニカに2年派遣されていました!今年3月に帰国したばかりです。」と、いきなりスペイン語の自己紹介からプレゼンが始まりました。雰囲気も本場仕込みで抜群。だんだんドミニカにはまっていくよ。
まず、ドミニカ共和国が地球上のどこにあるのか調べてみましょう。ということで、名前しか知らなかった「ドミニカ共和国」は、カリブ海に浮かぶ島国であることを初めて知った中学生も多かったのでは?
ドミニカのお国事情や、協力隊の現地での活動内容を紹介してもらったあと、ドミニカを代表する文化の一つ、彼らの生活とは切っても切れないダンス「サルサ」の事を教えてもらいました。昼も夜も、電気の明かりがない暗いところでもドミニカンは「サルサ」を踊りマ〜ス!
ドミニカンは、友達・家族・恋人や知らない人とでも、いつでも「サルサ」を踊ります。ドミニカは、世界で幸せな国ランキング第2位(1位はご存知ブータンです)!!一瞬一瞬を踊って楽しく生きるドミニカンの事を知るにつれ、彼らが幸せな理由が分かった気がします。

JICA(独立行政法人国際協力機構)ってなに?と思った人は、 こちら をご覧ください。
(JICA地球ひろばのページへ移動します)

中学生チャレンジプロジェクトの詳細については こちら へ
Page Top
トップページ 中学生チャレンジプロジェクト
Copyright (c) 2000- Matsuyama International Center. All rights reserved.