松山市立鴨川中学校での国際交流体験学習 (11月14日)

 11月14日(木)松山市立鴨川中学校で国際理解教育のための交流授業が実施されました。
今回は6つの講座に分かれて交流を行いました。

トルコ出身のムラットさんは「文学・言語・伝統」
子どもの日(4月23日)には世界中の子どもが集まるお祭りがあるんだとか。
 
韓国の張さんは「建造物」。
このサムジギルは、建物の構造に特徴があります。気づきますか?
実は通路が螺旋状になっているそうです。
 インドネシアのフィティさんは「自然」。
日本は火山が多いことで有名ですが、インドネシアにもこれだけあります!
バングラデシュのシャミムさんは「スポーツ」
スポーツに言葉はいらない!!
サッカーで交流を楽しんでいました。
インドネシアのアウリヤさんは「料理」。
コラック(さつまいもとカボチャの入ったココナッツミルクのスープ)とナシゴレンをつくりました。
スコットランドのダンカンさんとモンテネグロのリュウさんは「芸術(音楽や民族衣装)」
ダンカンさんはスコットランドのキルトを披露。

ゲストのみなさん、どうもありがとうございました。
子どもたちもこれをきっかけにさらに世界へ目が向くことでしょう。

Page Top
トップページ 2013年度(平成25年度)開催済事業一覧
Copyright (c) 2000- Matsuyama International Center. All rights reserved.