松山市立余土小学校での国際理解授業 (10月29日)

 10月29日(火)余土小学校でj国際理解教育のための交流授業が実施されました。
 今回のゲストはアルゼンチンのマリアさん、マレーシアのリチャードさん。

まず出身国当てゲームで盛り上がり、その後、国の紹介をしました。お二人のゲストは自分の国を知ってもらおうと予定時間をはるかにオーバーするほど。

マテ茶用具をご持参いただいたり、楽しいクイズ有りでみんな目をらんらんと輝かせて聞きいっていました。

日本に来て一番感動したことや困ったこと、日本人に対する印象なども最後に聞かせてもらって短い交流が終わりました。

これをきっかけに国際社会へはばたいてくれる子どもたちが出てくれることを願っています。

アルゼンチンの場所を知っている人!

5秒以内に地図で示して!の質問に生徒も必死。
 
  
マテ茶の正しい飲み方は!

みんなで同じカップとストローで共有するんです! それが友だち!

アルゼンチンの国旗の意味は?水色は空、白色は雲なんです!
 2人のゲストにみんな興味深々。熱心に記録していました。
 高架の列車は見ごたえ抜群。6800m続いています。
   マレーシアと日本とどっちが国土の面積は広いかな?

マレーシアの方が広いと思う人!
  
多民族国家のマレーシア、単一国家の日本、どんな違いがあるんだろう!

ゲストのみなさん、どうもありがとうございました。
子どもたちもこれをきっかけにさらに世界へ目が向くことでしょう。


Page Top
トップページ 2013年度(平成25年度)開催済事業一覧
Copyright (c) 2000- Matsuyama International Center. All rights reserved.