国際交流市民ボランティア入門講座 第1回(11月2日)

毎年恒例の国際交流関係のボランティア活動に関心のある人を対象にした「国際交流市民ボランティア入門講座」が今年も開催されました。第1回目(講話)と第2回目(ガイダンス)の2回連続講座で行われました。

第1回目は愛媛県国際交流協会の外国人生活相談室長をされている大森典子さんを講師として招き、「知っているようで知らない、私たちの地域の外国人」と題して愛媛県、松山市在住の外国人市民の現状についてお話をしていただきました。
愛媛県には現在76カ国、8,600人もの外国人が暮らしていることをご存知ですか?最近では身近にみかける外国人ですが、どんな人がどんな目的で松山に来ているのか、どんな悩みを抱えているのか、意外と知らないことも多くあります。
外国人の相談内容としては、「日常生活」についてが最も多く、次いで「余暇観光」、「就職労働」の順で相談が寄せられるそうです。一人ひとりの問題状況は異なっていますが、そのベースには共通の問題性があるということに気付くべきだとされていました。
そのためには、より多くの人が活動の現場に参加し、その思いを共有していくことが大切なのだということを学びました。

国際交流市民ボランティア入門講座 第2回(11月23日)

国際交流市民ボランティア入門講座第2回目は、松山市内や近郊を拠点に活動する国際交流・協力団体の紹介とそれぞれのブースに分かれてのガイダンスを行いました。

今年は14の団体の方々に参加していただきました。
開発途上国全体を対象とした支援、日本国内での活動、海外での活動、音楽を通した活動、外国人への日本語学習支援活動など、団体により支援対象や範囲、活動地域はさまざまです。
   
各団体の活動内容の紹介が終わった後は、それぞれ興味のある団体のブースに行って直接質疑応答をしていただきました。
熱心に耳を傾け、活動に興味を持ってくださった方や、説明を聞いた後、その場で登録をされる方もいらっしゃいました。
まつやま国際交流センターでは「外国人オタスケマン」「My Matsuyama Family」「MICホームステイバンク」の紹介をさせていただき、たくさんの方にご登録をしていただきました。

この講座にご参加頂いた皆さん、ご協力頂いた各団体や個人の皆様、ありがとうございました。

まつやま国際交流センターでは、地域に住む外国人がお困りの際、サポートしてくださる
ボランティアの登録制度「外国人オタスケマン」を設けています。
皆さんもぜひ登録して、在住外国人の方々をサポートしませんか。
興味をもたれた方は、 こちら をご覧下さい。
Page Top
2013年度(平成25年度)開催済事業一覧 外国人オタスケマン
Copyright (c) 2000- Matsuyama International Center. All right reserved.