みんなの生活展2011 (10月15~16日)

 10月15日~16日に大街道で開催された「みんなの生活展2011」に、在住外国人・グループがブースを出展し、訪れた一般市民の方々に対しそれぞれの国々について紹介しました。

みんなの生活展第1日目 (10月15日)
アメリカブース:
兄弟揃って手にペインティング、お兄ちゃんたちは、人気アニメ「ワンピース」のキャラクター、私は「ミニー」ちゃん!とてもそっくりにペイントしてもらい、兄妹揃って大満足!!
ネパールブース:
ブースには、お国柄が出ている民芸品が勢ぞろい。ネパールにある、ヒンズー教や仏教のお寺で見かける細やかな彫刻のドアや、釣鐘などのミニチュア群に施されている達人の妙技に嘆息!ネパールでは「孔雀」は聖なる鳥!だからあちこちに孔雀が彫り込まれています。
インドネシアブース:
インドネシアの留学生たちが作った17種類もの料理がテーブルの上に並べられました。ブースの前は黒山の人だかり。ナシゴレン・マルタバ・ルンピア・・・本格的なインドネシア料理に皆さん舌鼓を打っていました。
ステージイベント:
インドネシアのバリダンスをいつも披露してくれるおなじみのちびっこダンサーたち!!指先から目の使い方まで神経を使います。今日は神様がこの世に降りられたことを歓迎して、ヒンズー教寺院で踊られたダンスを披露してくれました。
ステージイベント:
こちらはインドネシアの伝統的なジャワダンス。孔雀の衣装を身にまとい、宮殿の儀式の時に王様に捧げられた舞を披露。孔雀たちが楽しく遊んでえさを食べる様子や、相手を惹きつけるために羽を広げたり飛んだりする様子を表現しています。
ステージイベント:
ネパールのチットコーグニューというダンスは、カップルで踊るダンスです。伝統的な要素と近代的な要素をミックスした時代を超えた求愛ダンスです。リズミカルなステップで、楽しげなカップルの様子がよく分かります。

みんなの生活展 第2日目 (10月16日)
フィリピン&ペルーブース:
みんなの生活展2日目は南の国、フィリピン&ペルーの方たちがブース出展をしました。どちらもお国柄の出たアクセサリーと民芸品が所狭しと並べられました。ペルー料理の不思議で魅惑的な味に思わずインカ帝国へワープ!!フィリピンのココナッツのお菓子も美味しかったです~!!
フィリピンブース:
フィリピンの首都はどこでしょう?①マニラ、②バニラ、③ミニラ?正解は①の「マニラ」です。お隣にあるペルーブースからもクイズを出しますので挑戦してくださいね。
ペルーブース:
カラプルクラ(ペルー風カレー)、セビーチェ(マリネ)、インカコーラ、ペルー風バターチップス、ペルー風ポテトチップスなどの料理や、ポンチョ、チューヨ(ペルー帽)、アルパカのアクセなどの民芸品を展示していたペルーブースでは、南米の雰囲気を大いに感じることができました。
ステージイベント:
フィリピンではココナッツは生活に密着しているもの。踊る時にも使います!!身につけたココナッツの殻はカスタネットのような軽快な音を出します。お互いがつけているココナッツを叩いて楽しい伝統舞踊“Latik”を披露!


まつやま国際交流センターでは、在住外国籍市民の方が、一般市民の方を対象に
それぞれの国の文化等を紹介し、より相互理解を深めていただくための機会として
「地球人まつり」を開催しております。今年度の「地球人まつり」は
2012年1月に開催予定です。詳しくは こちら へ
Page Top
2011年度(平成23年度)開催済事業一覧 地球人まつり2012
Copyright (c) 2000- Matsuyama International Center. All rights reserved.