みんなの生活展2012に参加 (10月20〜21日)


 昨年に引き続き今年も「みんなの生活展2012」に外国人市民の皆さんがブースを出展しました。今年はアルゼンチン、中国、インドネシア、ネパールの4ヶ国の方々がブース出展し、また、ネパール、インドネシア、フィリピンの3ヶ国の皆さんがステージで伝統的なダンスを披露しました。

生活展第1日目、午前中の部は、中国とアルゼンチンがブースを出展。中国は餃子、アルゼンチンはチョリパン(チョリソー入りパン)を販売。辺りにはいいにおいが立ちこめ、どちらもおいしかったです。中国ブースでは、民芸品の展示即売もしてました。
生活展のオープニングイベントに出演した「ひめキュン」メンバーもブースに立ち寄り「おいしそ〜、食べたい」と言ってましたよ。
第1日目の午後は、インドネシアがブース出展。繋がりの強いインドネシアコミュニティの皆さん方が大集合!リーダーの指示のもと、行き交う人に積極的に声をかけ、あっという間に売り切れ!!「もう終わったの?残念」と思った方は、地球人まつりのフードブースにぜひ足を運んでくださいね。
生活展第2日目は、まる一日ネパールデー!ネパールの家庭料理、モモ(餃子)やパガウダ(野菜の揚げ物)、ヒマラヤティー(チャイ)などの販売の他に、伝統的な民芸品などが所狭しと並べられて展示され、一瞬にしてネパールにタイムスリップ!!
多くのお客さんが来てくださり、あっという間に完売!ネパールブースを訪れてくださった方々、どうもありがとうございました。

    

  

みんなの生活展2012では、ネパール、インドネシア、フィリピンの3ヶ国の方々が特設ステージでそれぞれの国のダンスを披露。
普段は接する機会の無い、それぞれの国の伝統的なダンスを見られた観客から、やんやの拍手喝さいを浴びていました。

「みんなの生活展2012」関係者の皆様、ブースを訪れてくださった方々、そしてブースを出展された外国人市民の皆さん、ありがとうございました。


まつやま国際交流センターでは、外国人市民と地域・各団体との交流をサポートしております。
松山市内の地域グループや団体等で、外国人との交流や地域活動や日本の伝統文化の参加・体験の機会を
ボランティアでご協力・ご提供いただける方は、まつやま国際交流センターまでご連絡ください。

まつやま国際交流センター(MIC) TEL: (089)-943-2025 Eメール
開館日時:午前9時〜午後5時30分 火曜〜日曜
月曜休館(ただし月曜が祝祭日の場合は開館し、翌日以降直近の平日に休館)
Page Top
2012年度(平成24年度)開催済事業一覧 地域交流サポート
Copyright(c) 2010- Matsuyama international Center. All rights reserved.