中学生チャレンジプロジェクト ポイント対象事業

外国語 de おしゃべり (ジュニア編・英語) 第一回 (9月11日)

 今年4月より一般を対象に開始した「外国語deおしゃべり(中国語・韓国語・英語)」ですが、このたび、中学生を対象に「外国語deおしゃべり(ジュニア編・英語)」を開催しました。
まずは、今回のゲストスピーカーの紹介です。今日はアイルランド・アメリカ・ガーナ・スリランカ・ドイツ・マラウィの出身のみなさんが参加してくれました。とてもグローバルなメンバーです。さまざまな国の英語といろいろな国の事が聞けました。ゲスト紹介の順番をじゃんけんで決める時はもちろん「ロック・シザーズ・ペーパー」!!英語のじゃんけんを生で見ました。
最初に、みんなの緊張をほぐすためにグループ作りゲーム!さて、この絵の動物の単語は、アルファベット何文字かな?文字数と同じ人数のグループを作ります。馬はえ〜と、英語でなんだったっけ?アルファベット何文字?
連想ゲームでは、ゲストスピーカーに分かるように、絵に描かれているもののヒントを出して当ててもらいました。中々分かりやすく伝えるのが難しかったです。正解の後、ゲストならどのように表現するかを教えてもらい、勉強になりました。なるほど、そういう風に言えば分かりやすいですね、と難しく考えなくてもいい事に気づきました。
ゲームなどを通じて英語をたくさん話し、みんなたくさん盛り上がりました。ボルテージはMAX状態。生の英語をたくさん聞いて、英語をたくさん!?話した90分は、あっという間に終わりました。最後に、みんなでフライブルクから贈られたブドウから作った「ソラリス」ジュースを飲んだけど、甘くて美味しかったです。また、英語で話すイベントに参加したいと思いました。

外国語 de おしゃべり (ジュニア編・英語) 第二回 (2月12日)

 昨年9月に、中学生を対象に実施した「外国語deおしゃべり(ジュニア編・英語)」が好評でしたので、このたび、第二弾を開催しました。今回は、ALTの皆さんにご協力頂き、内容の企画から実際の進行まで、全てを担当してもらいました。
最初は、「SHIRITORI」!しりとりといっても、実際は連想ゲームです。お題は「sea」!そのうち、red→heart→love→boy friend→Valentine's Dayなんていうユニークな連想も。
さて、しりとりを頑張ったみんなにはキャンディーをプレゼント!やったね!!と思いきや、キャンディーの色に応じて、自分の事を英語で紹介しなければならなかったのです。例えば緑のキャンディーなら、自分の「行きたい場所」について紹介するといった具合に。
最後はビンゴに挑戦。ゲストスピーカーの中で「松野町出身の人は?」「ニュースキャスターだった人は?」などなど、出題にあった答えの人を探します。ゲストに対して英語で質問できるかな!?
正しい英語にはなっていなかったかもしれなかったけど、中学生の参加者はみんな積極的に会話できました。中学生からは「積極的に話す方が学べることも多いし、楽しい」という感想ももらいました。自分の事を表現すること、積極的に話しかけること、この2つは海外では特に必要かもしれませんね。

 外国語 de おしゃべり(ジュニア編・英語)は、いかがでしたか。中学生からは「また参加したい」との希望が多数寄せられました。学校の授業だけでなく、普段の生活で外国人と会ったときには、英語に限らず、ぜひ自分から声をかけてチャレンジして下さい。

中学生チャレンジプロジェクトの詳細については こちら へ
Page Top
トップページ 中学生チャレンジプロジェクト
Copyright (c) 2000- Matsuyama International Center. All rights reserved.