外国語 de おしゃべり (ジュニア英語編・第2回) (9月23日)


 平成24年度中学生チャレンジプロジェクトのポイント対象として、英語を話す外国人ゲストを招き、英会話を実践する企画「外国語 de おしゃべり(ジュニア英語編)」。好評につき、第2弾を開催しました。今回も、世界各国から松山に来ている多彩な顔ぶれを前に、中学生たちが習いたての英語を駆使して頑張りました。

“これってあなた?”ゲーム!から始まった外国語 de おしゃべり(ジュニア編・第2回)。最初のテーマは「想像する!」

ゲストの出身国・名前の書かれた名札から、どの人のものか当ててみよう!「アメリカはOK!」「バルバドス?どこ?誰?」「ニュージーランド?ん?どの人?」「アイルランド?え?いそうもないけど?」「ジャマイカ?うん、これは簡単。」「ってことは彼女がシンガポール?日本人かと思った!」
答えが当たれば、その人をグループのゲストにお迎えし、さっそくおしゃべり開始。その前に、ゲスト全員から自己紹介。今回のゲストは。アメリカ、ジャマイカ、ニュージランド、バルバドス、シンガポール、アイルランド出身の6人ネイティブスピーカーに来て頂きました。
次のテーマは「絞り出す!」

与えられた単語の中のアルファベットをいくつか選びだし、それらを並び替えて新しい単語を幾つ作れるでしょう?お題は「International」。「うん、見つけた、見つけた」。
   

次なるテーマは「伝える!」

一つの絵を見て、順番に英語でどんな絵か伝えます。ちゃんと伝わっているかな?
「え〜?分からない…」「本当にそうなの?」と心の声が聞こえてきそう…

最後に聞いた人が絵を描く! 伝わった絵がこの写真!

あれ?ペンギンが魚を釣ってる????
でき上った絵を見て、大きく笑い転げるゲストと中学生でした。

 90分間、ゲストと英語でコミュニケーションを取って、一緒に楽しい時間を過ごしました。英語を勉強の科目としてではなく、コミュニケーションのツールとして捉えられたかな?間違っていても構わないから、一生懸命伝えようとする姿勢が一番大事なことを身をもって体験した「外国語 de おしゃべり」(ジュニア編)でした。

Page Top
トップページ 中学生チャレンジプロジェクト
Copyright (c) 2000- Matsuyama International Center. All rights reserved.